砂日記ばーじょん2.0

IT関連の仕事中に浮かんできたポエムとか読んだ本の感想とか書いていきます。

タピオカミルクティーを飲んだことあるやつだけが若者を名乗る資格がある。

どうも、おじさんです。

おじさんなので書籍はいまだに紙派なんですけど、ある本を買おうと思ったんだけどAmazonはじめオンラインに全く在庫が無くて店舗在庫をめっちゃ探したんですよ。

最近、大手書店はだいたいネットで店舗在庫を検索できるようになったのでかなり助かったんだけど、今回欲しかった本は2年前のものなのに店舗在庫も全然無くて、やっと渋谷に1冊だけ置いてる店を見つけたんですよ。

で、その書店を目指して昨日渋谷の若者がたくさんいる方面を夕方に歩いたんだけど、なんかもう街の空気感についていけなくてクラクラした。

特に印象に残ったというか、顕著すぎて衝撃を受けたんだけど、
立ち止まってる若者はほとんど全員タピオカミルクティー飲んでるんですよ。

学校の制服を着た子も、大学生風の子も、新卒っぽくてこれから飲み会~って感じのスーツ来た男女グループまでみんなでタピオカミルクティー飲んでるの。

どんだけ流行ってんの。君ら絶対そんなにタピオカ好きじゃないでしょ。

今度娘誘ってタピオカミルクティー飲も・・・そう心に近いながら渋谷を後にしました、というお話。