読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂日記ばーじょん2.0

IT関連の仕事中に浮かんできたポエムとか読んだ本の感想とか書いていきます。

【デブサミ2017聴講記】【17-C-6】 今年はJava進化の年!今知っておくべき新しいJava

デブサミの参加記録(7/8)

公開資料

Togetter

Togetter

感想

タイトルの通り、Java進化の年

大変な難産(現在進行形)となっているJavaSE9とJavaEE8の最新動向。
スピーカーはOracleの中の人である伊藤敬さん。
Javaの最新情報は随時更新されていますが、
英語が苦手な私にとって、日本語でまとめられた生の話をうかがう機会があることはとてもありがたいです。

2017年7月のリリースに向けた最終段階のJava9

JavaSE9については既に最終総合テストが完了し、バグのFIXに入っているとのこと。
JDK 9 Early Access Releasesが毎週更新されているため、
是非使ってみてほしい(ただしディレクトリ構成はまだこれから変わる可能性がある)とのことです。
詳細な機能紹介はかなりの量なのでスライド資料を見るのが良いと思います。
端的に言えば、やはりJigsawの登場や内部APIカプセル化
パッケージ変更等の影響は大きそうだというところ。
果たして移行は可能なのか・・・という普及に対する不安があります。
また、バージョニングが変わりJava8までは1.xと呼んでいたところ、Java9は9.xになるというところを
伊藤さんは感慨深いものがあったらしく若干興奮気味に語っていらっしゃったのが印象的でした。

クラウドとマイクロサービス化に向かうJavaEE8

Java界隈では周知の話なのでここで書く必要もないのですが、
技術要素が本当に多岐にわたるためこちらも資料参照です。
リリースが年末からJavaSE9と同じ7月に前倒しになるとのことですが、本当でしょうか(笑)

色んな話が45分の中に詰め込まれて追うのが大変でした。
今後のさらなる情報も楽しみです。