砂日記ばーじょん2.0

IT関連の仕事中に浮かんできたポエムとか読んだ本の感想とか書いていきます。

JJUG CCC 2019 Spring 参加レポート

今回も参加してきました。JJUG CCC。2017 Springから来てるのでもう3年目ですね。

初めてのgRPC

最初はJava Collections Frameworkの話を聞くつもりだったんだけど、
会場に着くまでの電車の中でスライド資料読んでしまったため急遽切り替え(Optionalの話が聞きたかったんです。。。)

切り替えたは良かったが、おいらの頭では難しくて話半分も理解できませんでした。

初めてのgRPC / Starting gRPC - Speaker Deck

大企業運営の法人向けサービスにおけるOpenJDK移行事例

Oracle JDK8からOpenJDK11に移行した時の話。

OpenJDKはOSSプロダクト。トラブル発生時の切り分け方も今後変わってくるのでは、とのこと。

OpenJDK移行のためにPostgreSQLのバージョンアップをすることになってしまったという話が趣深い。 (現行PostgresSQLが対象OpenJDKのバージョンに対応してなかった)

あるもののバージョンアップをするために、他のものもバージョンアップしなければいけなくなるは本当にあるあるだな。 OpenJDKじゃないけど、CentOSを6→7にするためにJavaEE6→JavaEE7にする必要が出たって話なら最近聞いたな・・・。

OSやミドルウェアのサポートライフサイクルに対応するためのインフラ負担というのはほんと深刻だと思うし、
なかなか状況は良くならないね・・・。

エンプラ案件や大企業向けの案件でインフラを継続的にバージョンアップする体制に切り替えるのは今がラストチャンス、だそうな。

JJUG CCC 2019 Springで「大企業運営の法人向けサービスにおけるOpenJDK移行事例」という発表をしました。 - bluebird

リーダー1年目。メンバーのスキルアップのためにやっていること。

マネージャー、やりたいですか、という命題をいきなり突きつけられる・・・。目の上のたんこぶ。

「知らない技術を否定するエンジニアは良くない → ならなったことないポジションを経験せずに否定するのも良くないのでは?」
そうだよね。そうなんだけどね・・・(多少マネージャーチックなこともやってみてる上で今ツラミを感じている)

業務委託の人が社員より多いのは普通にあるよなぁ。その中でどう業務委託の人の成長意欲を促していくのか・・・。

リーダブルコードとレガシーソフトウェア改善ガイドの輪読会やってるのか。今は自分主催の勉強会だなぁ。負担ハンパない。
あとレガシー~の方は未読なので読まなければ。

ランチはやってないけど、月イチくらいから始めてもいいかな、とはちょっと思ってる。自社、あんま飲み会しないしね。
ただ断れる空気感は出したい。

夕会はやってる!たまに雑談もふったりしてる。雑談は大事よね。

スクラムで開発回していて、CCCで発表するレベルの人がリーダーだと、
業務委託の人も意識高い(皮肉じゃない)から成立してるところもあるんじゃないかなーと、チラと思ってしまった。
意識が足りなくて輪読会がうまく行かなかったケースも聞いているので・・・。
でも、リーダブルコードあたりは全員既読な方がいいよね、ほんと。

JJUG CCC Srping 2019 リーダー1年目 - Google スライド

(ランチセッション)Cloud Native時代の開発環境とアプリケーション基盤(仮)

今年もなんと参加できた。ランチセッション。お弁当豪華すぎておいしいです。

Eclipse CHEの話が出てきた。

ブラウザベースIDEってコンテナ環境の進歩で大分使いやすくなったんだろうか?
デモはそれなりにサクサク動いていた。

いずれ、弊社、OpenShift使ってるぽいし、EclipseもCHEのようなWeb IDEに統一される日が来るのだろうか・・・
うーんでも外注開発とかだとどうなんだろう。
外注で作ったものをメンテナンスするってなった時に結局いろいろ合わなくなったりしないだろうか。

Stackのブラウザ上からポチポチっと選んでいくだけで開発環境が作られるのは面白いね。
しかもJSONで設定内容をアウトプットして、簡単に環境をコピーできると。イマドキだぁ。

若干手間かもだけど、Minishift(スタンドアローンの小規模OpenShift)でChe addonを試してみるのが良さそう。

App Dev/Runtime for Cloud Native Era - Speaker Deck

f:id:snufkin127:20190518161736j:plain

先行開発!Javaでクリーンアーキテクチャ

クリーンアーキテクチャなんぞやーってところで話を聞きに来た。

内容よりもまず話し手のプレゼンの上手さが際立っていたな。心掴まされた。
逆に後で資料だけ見ても伝わらないかもしれない。サンプルコードと合わせて見てみないと・・・って思ったら、ちゃんと復習記事が用意されてた。すごすぎる。

ControllerとPresenterがごっちゃになってたんだけど、こういうことだったのかー!←まだ良くわかってないやつの発言

アーキテクチャとはベクトル(電車の走るレール)を用意するものかー。

先行開発!Javaでクリーンアーキテクチャ / Clean architecture with java - Speaker Deck

実践クリーンアーキテクチャ with Java │ nrslib

テストエンジニアが教えるJUnitを考えるべきテスト

会社でJSTQBの研修受けたけど、それの内容の概要版って感じだったなー。

ペアワークありのセッションなんて珍しいね。研修ではよくやるけど、この大人数でやるのは珍しい。

テストをやる理由を説明しなさいという話、テストをやらない理由を述べたり要求したことはあるけど、 なんでこのテスト必要なの?って質問はしたこと無い気がする。今度気をつけてみよう。

CheckingとTestingの違い、興味深い(Checkingは仕様どおりに動くことを確認すること、Testingはなんとか破壊してやろうとすること)

テストエンジニアが教える JUnitを書き始める前に考えるべきテスト/JJUG_CCC_2019_Spring - Speaker Deck

1400万ユーザーのWebサービスを15年運用して考える、Javaである理由

絶対とまでは言わないけどJava書きたくないって言ってる人、身近にもいるなぁ(自分はperl書きたくないけど)

ピクトリンク、妻子とプリクラ撮った時に使ったかも。

Javaを使うメリットはデメリットの裏返しでもあるよね。

情報が蓄積されやすい ←ユーザーが多い→ 技術者の品質差が大きくなる
ユーザーが増えればコミット数が増えるわけではないというのはStrutsなどに見る日本のJava事情か。

バグが生まれにくい←静的型付けとコンパイラが強力→プログラミングのハードルが上がる。 ただ、強力なIDEが無料で使えるのは本当に強いと思う。

異常時のコントロールがしやすい←例外を明確に処理できる→例外プログラミングをちゃんと学んでないとログの握りつぶしなどが発生する

Javaを使う理由は、Javaを使わない理由にもなり得る。
そこからJavaの良さを理解してもらうには、学んでもらうしかないのかなぁ。

1400万ユーザーのWebサービスを 15年運用して考える、 Javaである理由 - Speaker Deck

まだ2セッションほど残っていたけど、今回も家庭都合により早退。
すごい人達の話を聞くと、自分も頑張ろうって思えるよね(ここに来る前は大体いつも挫折しかけてる)

タピオカミルクティーを飲んだことあるやつだけが若者を名乗る資格がある。

どうも、おじさんです。

おじさんなので書籍はいまだに紙派なんですけど、ある本を買おうと思ったんだけどAmazonはじめオンラインに全く在庫が無くて店舗在庫をめっちゃ探したんですよ。

最近、大手書店はだいたいネットで店舗在庫を検索できるようになったのでかなり助かったんだけど、今回欲しかった本は2年前のものなのに店舗在庫も全然無くて、やっと渋谷に1冊だけ置いてる店を見つけたんですよ。

で、その書店を目指して昨日渋谷の若者がたくさんいる方面を夕方に歩いたんだけど、なんかもう街の空気感についていけなくてクラクラした。

特に印象に残ったというか、顕著すぎて衝撃を受けたんだけど、
立ち止まってる若者はほとんど全員タピオカミルクティー飲んでるんですよ。

学校の制服を着た子も、大学生風の子も、新卒っぽくてこれから飲み会~って感じのスーツ来た男女グループまでみんなでタピオカミルクティー飲んでるの。

どんだけ流行ってんの。君ら絶対そんなにタピオカ好きじゃないでしょ。

今度娘誘ってタピオカミルクティー飲も・・・そう心に近いながら渋谷を後にしました、というお話。

遊んでくれて ありがと。つまらなかったわ。じゃあね。

f:id:snufkin127:20190516195640j:image

タイトルはマリベル様の名言。

クリアまで92時間かかりました、ドラクエ7

まだやることたくさん残っててあと100時間は余裕で遊べそうなんだけど、一旦エンディングまできたので感想。

これをもってドラクエは1から8まで全部クリアしたことになるね。

リメイク版はPS版に比べて大分遊びやすくなったみたいだけど、やはり時間がかかったなーというのがひとつ。

同じダンジョンを何度も往復させられたり、引き伸ばしを感じざるをえない場面がいくつかあったのはちょっと「うっ…」てなった。

あと、構成上仕方ないところではあるんだけど、各イベントのオチが似通ってたり(村の中で色々すったもんだして最後は村の重要人物が出て行く結果になる話が3つか4つもあった)、気になる点も多々あったけど、サブストーリーが多い分登場人物や会話が多く、充実してる点でもあった。

ツンツンのマリベルに最後は褒められたのが一番報われた瞬間かもしれない。

スマホロマサガ3発売までにひとまずクリアできてよかったな…。

さて、ここからは隠しダンジョン。

まずはプラチナキング石版を作る…。俺たちの戦いはこれからだ!

一度に複数のことをやりたい人間

あまり複数の物事を同時に進めるってのが出来ない人間のくせに、変なところで時間を無駄にしたくない、効率的に動きたい、あれもこれも効率的にやりたいって思ってしまう人間です。

最近特に忙しいのが電車の中だ。

通勤2時間弱のためそこで何をするかという話なんだけど。

今はドラクエ7にハマってるのでドラクエをするんだけど、

しかし毎月課金してる音楽アプリで音楽聴かないと無駄払いになってしまうからドラクエしながらしかしBGMはその音楽アプリから流れる歌謡曲だったり、

ブギーポップのアニメ化に触発され実家に残してきた過去作を取り寄せ、さらに未読だった新作4作を購入したのでそれを全部読みたいんだけどドラクエでレベル上げやスロット回しながら読んだり(そのせいで読み進めるのが遅い)、

会社に技術書を7冊も買ってもらったのでそれも読みたかったり、あと今追いかけてるゲーム実況の配信(1本30分くらいある)が月金であるからそれも見なきゃとか…。

曜日単位で今日の行きはこれやろう、帰りはあれやろうってのが4月くらいからせわしなくなってきた(大体ドラクエのせい)

オチとかないの?ないです。

 

…。

 

仮面ライダージオウ、面白いね。

面白いんだけど、個人的な評価ではビルドの方が上というか、やっぱりゲストとか単発の演出の面白さよりストーリーを重視してしまう方なので、お祭り的な要素の強いジオウの評価は確定できないままでいる。いやストーリーも面白くなってきてるんだけど。

水嶋ヒロ仮面ライダーカブトで出ないかなぁ。

 

 

 

奇跡は起こるよ、何度でも

2005年のツアーの時

「ブライアンとロジャーを生で拝めるのはこれが最後!全力で行かなきゃ!」

と思っていたのになぁ。

f:id:snufkin127:20190509224144j:image

でもあれからもう14年。

色んな意味で、あの時と、そしてフレディがいた時と同じ演奏はできない。

当たったからには今のQueenの演奏を全力で楽しみに行かなきゃ!

なお、25日もS席当たったんだけどお財布事情が厳しくてこちらは断念した…同日にチケット2枚希望して当たったら母親誘えたんだけどなー

クイーンと母のガンの話、リライト

僕の洋楽好きは母に与えられた財産の1つだ。

特にクイーンはその根幹にあたるバンドで、詳しくは以下を参照だが、クイーンをきっかけにハードロックやプログレやメタルなどにはまっていった。

映画ボヘミアン・ラプソディ最高だった - 砂日記ばーじょん2.0

ボヘミアン・ラプソディは公開初日に観に行った。

 

観た日に母にメールをした。すごく良かった、これは絶対に母も観るべきだと。

色々あって、連絡取ったのは数年ぶりだった。

1週間後、母からボヘミアン・ラプソディを観たという返信が来た。とても良かったらしい。

腹痛に耐えながら映画を観たことは書いてなかった。その腹痛の原因が大腸ガンによるものであることは母本人もその時点では知らなかった。

 

12月に入ってすぐ、母からメールが届いた。

病院で腹痛を診てもらったらガンが発覚し即入院になったこと、ここ3年ほど大叔母を介護する叔母のサポートで毎週千葉と東京を往復し続け自分の体を省みることを怠ってしまったこと、叔母は2年前卵巣がんにかかり手術したが余命半年もないこと。

家から離れて生活している自分はその時何もできず、ただ状況を把握するしかなかった。

ガンは肝臓にも転移していた。

 

叔母は2月に亡くなり、葬式で実家の父、母、弟と数年ぶりに対面した。

手術のための入院の日にちと、葬式が被ってしまったため、火葬を済ませたあと母はすぐ病院に向かった。

抗がん剤治療で1月は大分参ってしまったらしいが、対面した時は抗がん剤は既に止めており普通に会話することもできた。

 

大腸の手術は無事に成功し、今度は4月頭に肝臓を手術した。

肝臓は3mmから数cmのガンが5箇所もできていたが全て切除し、回復も早く予定より前倒しで退院することができた。

 

GW初日に帰省した。

ボヘミアン・ラプソディのDVDを少し早い母の日の贈り物として購入し持参した。自分は術後の状況を詳しく聞いておらず、食べ物はあまり食べられないだろうからお土産にするのは避けた。

駅に迎えに来てくれた父に話を聞いたところ、肝臓手術の際に、胆嚢を取るしかなく、結果脂っこいものは食べ過ぎ注意になったが、基本的に食事制限はないとのことだった。

実家に着いて早々「じゃあお寿司でも食べに行きますか!」と言われた。

来年のクイーンのコンサートにも当選すれば参加するらしく、友達とチケット獲得に動いてるとのことだった。
もう65歳だというのに大した回復力である。

手術前は「オリンピックまで生きられないかも…」などと弱音も吐露していたが、ひとまず危機は去ったらしい。

ガンについてはあまり詳しくないが、母は相当運が良かったのではないだろうか。

大腸は1m50cmくらいあるから30cmくらい切っても繋げられるが、ガンの位置によっては手術によって人工肛門などになることもあるし、肝臓は全体の40%を取り除いたが、肝臓はある程度切除しても再生するんだそうな。

(切除可能な割合は個人差あり。母の場合は60%まで無くなっても大丈夫だったそうな)

医者の腕が良かったというのもある。タイミングは結構ギリギリで、あと少し手術が遅ければ腸閉塞になっていたそうだが、結果的に後遺症も少なく確認できたガンは全て取り除くことはできた。

もちろん今後も油断はできない。特に肝臓は再発しやすいそうで、3ヶ月毎の検診は欠かせない(医者曰く肝臓はまた出来たら切ればいい、とか。マジか)

 

この話は不謹慎ながら万が一の後に書こうと思っていたのだが、その時が来るのは当面先の見通しになったためこうして今書いている。

冥土の土産のつもりでボヘミアン・ラプソディのDVDを持っていったけど、母よりDVDを映す20年近く前に買ったブラウン管のテレビの方が死にそうだった。

ライブエイドのシーンは1985年当時の映像を見ているかのような画質感でとても良かったです。


f:id:snufkin127:20190509082406j:image

定期的な検診は本当に大事。あとがん保険は必ず入っておきましょう。

祖母、母、叔母がみんなガンになっているので、僕もいつかガンとお付き合いする見込みです。

※今回の話はTwitterのリライトでした。

ブログとTwitter

令和元年だけツイートしない唯一の日本人アカウントを目指す企画を始めたので今年いっぱいツイートしません(TLは見てるので失踪はしてない)


f:id:snufkin127:20190507081845j:image

代わりに、出来事や関心ごとはこのブログに書いてみようと思う。

ドラクエ7のプレイに今アイドルタイムの大半を突っ込んでいるため結構気合入れないと書けないんだけどね。

Twitterのような軽量のSNSが出てきたおかげで、ブログ投稿のハードルが相対的に上がったというのがあるのかなぁ。少なくとも自分の中にはある。

Twitterは思いついたこと、思ったことをポンポン投稿できるんだけど、ブログになるとなんか長文にしないといけないとか、読んだ人にとってタメになることを書かなきゃいけないという気にさせられる。

Twitterもブログもやってると、どうしてもTwitterの手軽感が優っちゃうんだよね。

長文投稿はブログが良かったけど、ここ2年くらいでTwitterも連投機能を強化してきててちょっとした長文もTwitterでいいやってなってきてる。

読み手の自分としては長い連ツイは途中で読むのやめちゃうことが多いけどね。

昔日記サイト(砂日記ver.1.x)を運営していたときにはそんなことなかったのになぁ。

初心に帰るというか、昔つらつらと書いてた感覚でブログもやれないかと思ったり。

しばらく、GWネタ書きまーす。